senshu  /  ippan
 space

研究紹介 小林

情報配信システム等への分散処理技術の応用展開
小林 真也(電子情報工学専攻)

携帯電話やWi-Fiなどの無線通信サービスや,スマートフォンやタブレットコンピュータが広く普及しています.また,家庭では光ファイバー通信などのインターネットが普及し,TVなどの家電製品もコンピュータが内蔵されたスマート型へと変化しています.これら通信サービスと情報処理能力を持った機器の普及は,分散処理型のサービス実現を可能としています.つまり,これまでのように,サービスセンターで処理された結果が送られ,それを表示するといった単純な形態から,個々の情報端末や家電機器でも様々な処理が行われ,ネットワーク上の他のコンピュータと連携しながら,利用者にサービスを提供する形態への変化です.

このような変化の中で,利用者毎に異なる情報を提供するリコメンド(推薦)型や,緊急性や重要性により情報の伝達方法に違いをもたせる情報配信サービス,また,情報通信の双方向性を活用した新たなサービスなど,分散処理技術を応用した新しい機能やサービスの実現に関する研究を行っています.


 [ キーワード ]   ネットワーク 分散処理 情報配信 リコメンド型 ユビキタスネットワーク ユビキタスコンピューティング