senshu  /  ippan
 space

研究紹介 井門

バーチャルリアリティにおける力覚表示に関する研究開発
井門 俊(電子情報工学専攻)

image001

従来のバーチャルリアリティ(VR)技術、すなわち、視聴覚を中心とした技術に加えて、手や指で感じる力の感覚(力覚)を、SPIDARと呼ばれる、3次元の空間マウスとも言うべき装置によって再現するといった研究を行っています。コンピュータ内に仮想物体を作成して自由に操作できるような、最先端VR世界の実現を目指しています。例えば、力覚を有するモデリング(図)、仮想環境エディタ、弾性体やレオロジー物体のシミュレーション等を開発しています。開発された技術は、CAD、CAMなどの工業デザインや、教育、医療、アミューズメント、ネットショッピング等、あらゆる分野に対して、幅広い応用が期待されています

なお、本研究の他に、携帯端末画面に特化した画像の伝送表示を実現する画像符号化法の開発をはじめ、画像処理全般に関する研究開発も行っています。


E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


 [ キーワード ]   知能情報学   知覚情報処理   感性情報学