senshu  /  ippan
 space

研究紹介 藤橋

高トラヒック映像伝送のための効率化技術に関する研究
藤橋 卓也(電子情報工学専攻)

近年,通信機能と情報処理能力を有するスマートフォンやタブレットなどの端末の普及とともに,ネットワークを介した映像視聴に対する需要が高まっています.また,各端末に配信される映像の超臨場感化(複数視点化・高精細化)も進んでいます.超臨場感映像技術は,ユーザにあたかも別の場にいるような高い没入感をもたらすことから,エンターテイメントや医療介護等の分野への応用が期待されています.一方で,各端末が享受しているネットワーク品質に変化が生じると,その多大なデータ量が要因となってサービス品質の低下につながる映像品質の劣化や再生停止が頻発します.

このような背景を踏まえて,主に 1.各視聴者の関心に基づく映像配信技術,2.ネットワーク特性と映像特性を勘案した映像配信技術,3.映像配信を支援する分散処理技術やネットワーキング技術 について研究しています.例えば,1.各視聴者の関心に基づく映像配信技術 に関する研究では,映像配信時に各視聴者の視聴傾向やコンテンツ人気度を勘案することで映像配信の高効率化・受信映像の高品質化を目指しています.


 [ キーワード ]  映像配信 ネットワーク 超臨場感映像 分散処理技術 ネットワーキング技術