senshu  /  ippan
 space

情報工学科4年・三島悠君

情報工学科では情報を扱うため必要な技術,知識を学びます.プログラミングはもちろん,アルゴリズムや計算機の仕組みなど基礎から発展まで幅広い内容を講義・実験を通して得ることができます.今や情報工学の技術はあらゆる所で利用されるようになり,どの分野でもこの学科で得られた知識が活用されています.情報を扱う側になれば世の中をより豊かに見ること,楽しむことが出来るでしょう.ここで学ぶことはそれを可能にするための大きな手助けとなります.
みなさんも情報工学の世界に是非足を踏み入れてみて下さい.

大学院博士前期課程1年・福嶋貴幸君

私は小さいころからコンピュータに興味があり,何かを作り出すことが好きだったので情報工学科に入学しました.情報工学科ではコンピュータの詳しい構造,情報通信ネットワーク,ソフトウェア開発,画像処理などの非常に専門的な知識・技術を学ぶことができます.個人でプログラムを作成することもあれば,グループで1つのソフトウェアを開発することもあります.大学に入学するまでコンピュータに関する知識がほとんどなくても,このようなスキルが必ず身に付きます.情報工学科で学ぶことはどれもこれからの社会を担っていく重要な知識となります. ぜひ皆さんもこれからの情報化社会を支える技術者になってみませんか?