senshu  /  ippan
 space

共同研究・受託研究等

 

shakairenkei

愛媛大学工学部情報工学科は,社会に開かれた大学として,企業・自治体・公共団体等と共同して研究やプロジェクトを推進すべきであると考えています.企業・自治体・公共団体等の皆様と協力することで,情報工学科がこれまでに行ってきた研究成果の実用化や新しい研究の推進等を通して広く社会に貢献することを目指しています.情報工学科の教員が現在行っている研究テーマや各教員の専門領域につきましては 教員・スタッフのページをご覧ください.また,各教員/研究室では,研究を推進する上で必要となる専門知識や技術(例えばシステムの評価技術等)も持っております.これらの専門知識・技術は,各教員/研究室で現在行っている研究テーマ以外にも応用可能なものが数多くあります.

共同で研究を進める方法として共同研究制度があります.これは大学の教員と外部の研究者とが共同して研究を行う制度です.また,大学が外部からの委託を受けて研究を実施する受託研究制度もあります. これら大学が外部と協力して研究等を行う制度については, 産学連携推進センター(リンク) にお問い合わせください.